English | Chinese | Russian

FAQ

イギリスのビザに関するよくある質問をまとめました。ご参考ください。もっと詳しくビザのことを相談されたい方は、コンサルテーションサービスをご利用ください。様々なケースにより状況は違ってきますので、詳しくお話をお聞きした上でアドバイスをしております。
Q1 ビザなしで1年間滞在? イギリスにビザなしで1年間滞在したいのですが、ビザなしで6ヶ月滞在できるため6ヶ月後に一度出国し、 すぐにまた入国する事は可能ですか?
ビザなしでの年間累積滞在期間の限度は6ヶ月です。ただしビザなしでの入国回数が頻繁な入国の繰り返しやイギリスに「居つく恐れあり」と判断された場合は、上記目安に関わらず入国拒否の対象となります。頻繁にイギリスに来る方は前もってビザを申請する事もできますこちらはビジネスでこられる方も含みます。トラブルを防ぐためにも専門家に相談する事を勧めます。
Q2 申請してからの期間は? ビザを日本で申請をしてからどれぐらいかかりますか。
ビザの種類、申請者の状況により異なります。1週間以内で取れる方も、数ヶ月かかる方もいます。
Q3 日本のどこで申請するの? 日本でビザをとってイギリスに入国する場合申請はイギリス大使館でできるのですか?
イギリス大使館では申請できません。東京と大阪にある申請センターに申請します。その際は指紋採集、デジタル写真の撮影をおこないますので本人が申請に行かなければなりません。郵送や代行で申請はできません。
Q4 申請に必要なものは? ビザ申請に必要な書類は何ですか?
基本的な書類はビザにより決まっていますが、申請者の条件や状況により補足の書類をつける事がほとんどです。こちらは申請者により異なりますので、私どもでは状況などをお聞きした後にアドバイスをしております。
Q5 ビザを拒否されたら? ビザを拒否されてしまいました。今後イギリでビザを申請する事は可能ですか?
拒否された理由などにもよりますが、拒否された時の状況と今現在の状況が異なり条件を満たす事ができれば取得も可能ですが、拒否された記録は残ってしまいますので拒否された方はその後の申請はかなり慎重に申請しなけれはなりません。
ただ拒否にも色々とありますので、一度拒否されると信用してもらいないケースもありますし、厳しく判断される事もあります。 拒否をされた後にビザによりアピールする事も可能な場合もあります。アピールで覆す事ができれば拒否された記録もきれいになります。 どのケースも拒否された後は複雑になりますので、専門家に相談する事を勧めます。
Q6 ASTONSの利点? ASTONSから申請する利点はなんですか?
私どもの長年の経験、知識、イミグレーションの法律を細かく調査した後に最初のコンサルテーションが終わって私どもから申請する場合は申請するまでトータルでサポートしております。どのような書類をそろえたら良いかなどのアドバイスや、書類のチェックも申請前におこないますので、ベストな状態で申請する事ができます。
また私どもではOISCに登録をしておりまして、ホームオフィスからも推奨されているオフィスの一つです。
またイミグレーションの法律は常に変更していまして、一般の方がアップデートをしていく事は難しいために私どもではそのような情報もクライアント様にお知らせしております。
Q7 日本からもお願いできる? 日本で申請する場合もASTONSにお願いできますか?
イギリスのイミグレーションの法律に関しては日本から申請する場合も適用されますので、 日本からもかなりのクライアント様も私どもではサポートしております。日本に滞在の方で今後イギリスに滞在を予定されている方はご連絡下さい。
Q8 ビザなしできたんですが... ビザなしでイギリスに入国したのですがその後ビザの延長をイギリスでする事は可能ですか。
特別なケース以外はほとんど不可能です。一度日本あるいはレジデンスである国に戻りビザの申請をして再入国して下さい。ただ色々なケースがありますので事情がある方お困りの方は専門家に相談して下さい。
Q9 スポンサーが必要? イギリスで就労したいのですがスポンサーがいないとビザの取得はできませんか?
自分で起業や投資をする以外で、就労ビザを申請する場合はスポンサーが必要です。
Q10 突然の解雇・・・ビザは? イギリスで雇用先からビザを申請をして働いていましたが、突然の解雇になってしまいました。ビザ
の期限は残っているのですがこのビザで他で働く事は可能ですか?
新しく雇用先が見つかった場合は、新しくビザを申請しなしなおさなければなりません。
Q11 配偶者は働けますか? 駐在でイギリスに行くことになり日本でビザの取得をして家族と共にイギリスに入国しますが、配偶者
は働く事ができますか。
基本的には働く事は可能です。
Q12 就労ビザを申請したい... 就労ビザを申請したいのですが、どの会社で働いていても申請することは可能ですか?
2008年11月以降は、会社がスポンサーライセンスの取得をしなければ、スポンサーとして外国人(非EEA国籍者)雇うことはできず、また申請者の方も就労ビザの申請はできません。
Q13 スポンサーの条件は? スポンサーの登録をする際に条件はありますか?
会社で駐在員を送るのか、現地で採用するのかなどにより書類は異なりますが申請には決まった書類を提出し審査されライセンスがでますがこちらはAとBの2ランクあり条件を十分満たしている雇用主/学校はAの認定をうけますが、そうでないとBランクの認定を受けます。もしBランクの雇用先や学校である場合は就労するためのビザや就学するためのビザを取得する際に不利になってきます。
Q14 就労ビザは何年? イギリスでは就労のビザは何年とれますか?
基本的には最長で3年、その後2年延長することができます。ただし、条件によって付与される期間が異なります。この条件はイミグレーションルールで細かく規定されているので詳しくは専門家にお問い合わせいただくことをお勧めします。
Q15 学生ビザで働きたい... イギリスの学生ビザは働く事はできますか。
学位以上の学生は週20時間働くことが可能です。専門学校生の場合は、レベルによっては週10時間の労働が可能です。
Q16 現地で学校を探したい... 日本から学校を決めるのが難しく一度イギリスに行って学校を探したり、一度見た後に決定をしたいの
ですが、学校を決めて行かなければビザは取れないのですか?
以前は、現地に入り実際に見て比較した後に学校を決定するためのビザを申請することができましたが、今現在、このカテゴリは閉鎖されたため、申請することはできません。
Q17 イギリスで結婚する場合... イギリスで結婚をすることになったのですが、どのようにすればよいですか?
すでにイギリスにビザを保持されて居住されている場合、あるいは日本やその他の国から入国し、イギリスで結婚する場合では申請方法が異なります。さらにパートナーの方の国籍や経済状況などで条件がかなり細かく定められていますので、正確に見極めるためには専門家にアドバイスを受けた方がよいでしょう。
Q18 EU国籍の人と結婚... イギリス人と結婚してビザをとる場合とイギリス以外のイギリス滞在のEU国籍の人と結婚する
場合は申請の仕方が違いますか。
イギリスの法律とヨーロッパの法律がことなりますので、申請の方法は違います。私どものところに相談に来る方も勘違いをしている方も沢山います。間違えてしまって拒否をされるケースもありますので、準備する前に一度専門家に相談して下さい。
Q19 結婚が維持できなくなり... 結婚したのですが、事情があり結婚生活を続ける事ができなくなったのですがイギリスに
滞在する事はできますか?
基本的に5年間は一緒に住まなければ永住権の申請ができませんが、ドメスティックバイオレンスを受けたり、配偶者が亡くなってしまったなどの理由から5年経たなくても永住権を取得できることもあります。この場合は状況により異なりますので専門家に相談してください。またEUの方と結婚した場合は法律も違いますので、結婚されてから永住権を申請するまでに問題がある場合などは相談してください。

その他、ご相談されたい場合は、コンサルテーションをお申し込み下さい

ページトップへ